記事一覧

後編 赤沢岳~スバリ岳~針ノ木岳~扇沢

『前編 扇沢~岩小屋沢岳~鳴沢岳~赤沢岳』の続きになります
 
 
柏原新道(3:55)⇒種池山荘(6:17/6:35)⇒岩小屋沢岳(8:05)⇒新越山荘(8:58)⇒
鳴沢岳(9:41/9:46)⇒赤沢岳(11:00/11:07)⇒スバリ岳(12:56)⇒
針ノ木岳(13:42/14:05)⇒針ノ木小屋(14:45/14:55)⇒大沢小屋~扇沢(18:05)
 
赤沢岳の山頂から来た道を振り返ってみます
鳴沢岳~岩小屋沢岳~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳と続く稜線の気になるのは紅葉
爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳の方が赤色の発色が良いのは植生の違いでしょうか?
赤く見えているのはチングルマやウラシマツツジかな?
そうそう、鳴沢岳~赤沢岳の山腹には針ノ木隋道(関電トンネル)が貫通しているのだ

 
剱岳

 
こちらは立山、中央に黒部平駅と大観峰駅を結ぶ立山ロープウェイ
ロープウェイ下のタンボ平の紅葉はまだ先のようだ

 
眼下にはエメラルドグリーンが印象的な黒部湖

 
次のピーク、スバリ岳と野口五郎岳・水晶岳・赤牛岳・薬師岳

 
黒部湖には湖上遊覧船ガルベ、三脚を立てたカメラマンで4人目

 
「ゴォォォーーーー」と上空も賑やかだ
空自小松基地が近いからなのか戦闘機3機が上空をパス、F15だった
そういえば小松基地の航空祭は今週末だ、行きてぇ~な~
逆の方向からは先週に続きヘリ通過

 
針ノ木岳の左肩にはレンズ越しに燕岳~燕山荘も確認できた

 
今までとは違った様相、登山道も砂礫に変わる
単独の山ガールで5人目、種池山荘泊まりだそうだ

 
ちょっとスリリングなヤセ尾根通過

 

 
上空にはまっすぐ伸びた飛行機雲が綺麗

 
蓮華岳の斜面の紅葉はあと数日と言うところか振り返って赤沢岳・鳴沢岳・岩小屋沢岳・・・

 
スバリ岳の登りは疲れてきたので写真が多い(^^;)

 
蓮華岳斜面の紅葉

 
中央に黒四ダムサイト
ダムサイトが見えたのはここしかなかったかも

 
ご夫婦が休んでいたので先に行かせてもらう、午後になってもこの天気♪

 
すぐにスバリ岳山頂

 
最後のピーク針ノ木岳、赤沢岳の赤い砂礫から針ノ木岳は白い砂礫だ

 
針ノ木峠を挟んで蓮華岳とは随分と違う山容なのが不思議

 
切れ落ちた岩稜帯の針ノ木岳東斜面は大迫力、ちなみに山頂は一番奥のピーク

 
一旦下り、ザレザレの道がジグザグに切ってある
この日初めて山頂に数人の人いるのが見える

 
振り返るとスバリ岳もずいぶんと鋭鋒だった

 
針ノ木岳山頂到着~
さすがに霞んできてしまったが、よくぞ天気もこの時間までもってくれました
今まで見えなかった景色がここで初めて見えるのが感動的!
そして歩ききった充実感よりも疲労感が大きい、緊張感がほぐれホッとしてねむい・・・

 
歩いてきた稜線

 
北アルプス表銀座
朝と同じく再び雲海、寅次郎さんの好きな船窪小屋も見えてます(^^)

 
北アルプス裏銀座

 
北アルプス深部の薬師岳方面

 
高瀬ダム調整湖を中心に表銀座・裏銀座、そして槍穂

 
山頂では昼寝をしている人や景色を堪能している人など数人だけ
自分も記念写真を撮ってもらって山座同定、景色を満喫する
後から同じコースを歩いてきた人としばし山談議
私より2時間も遅いスタートなのに・・・トホホ(-_-;)
名残惜しいが彼も下山するというので私も少し遅れて下山することにした
蓮華岳が大きい

 
急な下りで針ノ木小屋が真下に見えた

 
針ノ木小屋到着
先ほどの彼と一緒に休んでいるとまたしてもどこかで見た顔が蓮華岳から下りてきた
若い野郎だ!
彼はザックをデポし、空身で蓮華岳を1時間半で往復してきたそうだ
朝の爺ヶ岳といい蓮華岳といい私より3時間は多く歩いている(@_@)
これも若さか、スゴイね
 
まさか朝出会った若い野郎と最後までこんなことになるとは思いもしなかった
若い野郎と登り、若い野郎と下山した、よほど縁があるのか?(笑)
時間は14:55
この時間から下山するのは3人のみだ、仲良く?3人で下山することにした

 
針ノ木峠直下のジグザグ道

 
紅葉は中腹のほうが綺麗な感じ

 
日本三大雪渓の一つだけあり、いまだに数ヶ所の雪渓がある
この時期はもちろん夏道を通る、鯉のぼりがマーカー

 

 

 

 

 
山靴の中で足が遊んでしまい両足の親指にマメが出来ていた
痛いのでのんびり行くから先に行ってもらうも、要所要所で待っていてくれた
約3時間で扇沢到着、暗くなっても独りじゃないので心強いのか?
ライトを持っているのになぜか全員使ってない
 
3人とも扇沢橋付近に車があるので、しばし舗装道を歩き橋のところで分かれた
最高の天気に恵まれた日帰り縦走が終わった
名前も知らないお2人さん、ありがとうm(_ _)m
 
もしやと思ったが温泉に行ったらまたしても若い野郎と顔を合わす・・・
今回も途中で仮眠し、朝帰りとなったのはいうまでもない。

コメント

No title

よしくにさん♪
温泉まで一緒だったのには笑っちゃいました(笑)
ロングの日帰りは、優雅にのんびりしている時間はないのがチョット残念です。
でもそれは仕方ないので、写真にだけは収めてたいと思っているのです。
私は技量はないし、歩くのも速くはないので安心してご一緒しましょう(^^)

No title

ジョリーさん♪
オカシナ出会いもあるもんですね。
山にはいろんな人がいるものです(@_@)

私は歩くのは速くないですけど、もっとスゴイ人たちはたくさんいます。
でもだんだんエスカレートしないように、山を楽しみたいと思ってます。
「ほら見ろ調子に乗ってるからだ」とは言われたくないですからね(^^;)

No title

たそがれオヤジさん♪
褒めていただいて光栄ですm(_ _)m
たそがれオヤジさんのように文章が上手く書けないので
写真でごまかしてる感じなんですけど(^^;)
蓮華岳までは行けませんでした。
今後はたそがれオヤジさんの歩いた後を追いましょうか?
それとも逆に歩いてないところを敢えて歩きましょうか?(笑)
2週連続での北アなんて私も珍しいです。
2度あることは3度ある?!?!

No title

カブさん♪
夏道の針木雪渓は高巻きばかりで確かに歩き難いです。
暗くなってからの下山だったら道をロストしてしまいそうなところもありました。
今回は何度も歩いてる方が一緒だったので不安はなかったです。

No title

ゆうゆうさん♪
剱に登ったすぐ後に立山・剱を見ながら歩けるコースはとても楽しかったです。
独りで歩くのはモッタイナイほど。
誰かと共有したいですよね。
私もカミサンや娘と歩くことが多いのですが、たまたま2週続けて単独でした。
でも単独は気も使わないので楽ですね~
高速代はモッタイナイですが(^^;)

No title

瀑泉さん♪
登山口~温泉まで・・・笑うしかなかったです。
でもイヤな思いをしたわけでもないのであまり気にしてませんでした。
温泉で会ったとき野球の事聞いたら、結果だけ聞けばいいと(笑)
ツイッターでの小屋の情報では涸沢も今がピークと言うことなので
今週末が見頃なのかと思います。
でも天気が・・・

No title

おけいさん♪
このコースも歩かれていたのですね。
蓮華岳とともにコマクサの時期は見応えあるでしょうね。
展望も後立山より立山に近い分いいし、針ノ木岳からの展望は
高瀬ダムを挟んで正面に槍穂というのが他では見られない景色ですね。

No title

ぴんころ120さん♪
北アルプスの魅力はやはり縦走でしょうか。
地元の山にはないものですからね。
ロープウェイの下、タンボ平の紅葉がもっと進んでるかと思ったのですがまだでした。
欲張りですかね~(笑)

No title

yamasanpoさん♪
ロングコースは今しか歩けないですからね。
エスカレートして無謀にならないよう注意はしてます。
yamasanpoさんも十分元気だと思ってますよ。
ずっと頭に引っかかってる谷川主稜線、行けるときあります?

No title

カクさん♪
歩かれてないコースでしたか。
剱・立山をずっと見ながら歩ける良いコースです。
針ノ木と岩小谷沢岳の雰囲気の違いもあり、変化もありますしね。
年に数回しかいけない、しかも日帰り専門の私には
数少ないアルプスを感じられるコースでした。

No title

でんさん、マイッタ、若いなあ。
針ノ木の一周、2日と思っていたら、日帰りでしたね、恐れ入りました。私は2日かけましたので、思い込んでしまいました。
でも、スゴイなあ、前週剱をやって、次は針ノ木岳と底知れぬパワーですね。ご老体に少しパワーを分けて下さい。
赤城 良常

No title

でんさん
最高の天気の中、またまたやりましたね!
今回のコースは北アの中でメジャーとは言えないし、そんなコースを選んだでんさんの山を見る眼に感心します。
実はこのコース、私も2002年8月のお盆休みにやりました。
ついでに蓮華、北葛、七倉から船窪新道を下ったんですが、人も多くなく玄人好みの山々だと思います。
この8月は、いずれも日帰りで3回北アに行っているんですよ。(家~北ア~家:24時間以内にて)もう、出来ません(笑)

No title

毎回ロングコースに挑戦!凄いですね~☆
北アの素晴らしい景観を画像で楽しませていただきました♪
一緒に下山された2名の方も、心強かったでしょうね。
縦走路がとってもいいですね!自分の歩いた稜線を振り返る^^ん~~その感覚味わってみたいですね~
お疲れ様でした。

No title

赤城さん♪
赤城さんは1泊だったのですね、そのほうが意外な気がしました。
それだけ景色がよく居心地の良い場所だったのではないかと想像してます。
「何を仰る赤城さん」って感じで、いつも赤城山を見習いたいと思ってるんですよ!

No title

enduro_fujiさん♪
このコースはこの天気を待ってました!
想像以上に展望は良く、針ノ木岳は見通しの良い位置にあるので
これ以上の後立山の山はないかもしれませんね。
こんなにいいコースなのにどうして人がいないのか不思議なくらいです。
ブナ立ち・烏帽子あたりなら日帰りできるんじゃないかと検討コースです。
船窪、北葛も渋くていいですよね~

No title

Toshiさん♪
写真だけでも楽しんでいただけて光栄です(^^)
こちらのコースはチャレンジというより想定内の日帰り歩きでした。
10時間以上の歩きでもだんだん慣れてしまうんです。
それも歩くのが遅いからそれだけ時間がかかっているわけです。
デジイチで写真を撮りながらなので歩く私のスタイルではこんなものなのでしょう。
歩いてきた道を振り返っても
毎回「ずいぶん歩いてきたな~」なんですけど・・・ネ(笑)

No title

わぁ!
ここもワンディですかー♪
でんさんぐらいの脚力があれば、色々な山行計画を組めますねー。
通常3泊を2泊で抜けるとか・・。
歩きの幅が広がる脚力がボクも欲しい・・。

ところでこの稜線、気になりますねー。
アルプスの中にあって静かで、それでいて展望にも優れた良い道ですねー。

No title

イチさん♪
このときは新越山荘が小屋閉めした後だったので空いていたのかも?
でも立山・剱の展望は後立山縦走路より良いかもしれません。
針ノ木岳から槍方面の景色に感動しました(^^)

No title

遅ればせながら、その節はお世話になりました。
針ノ木からの風景はこんななんですね!
楽しませてもらいました!
新越~針ノ木~扇沢は雨でガスガスだったので、
こんな景色は一切見られませんでした…。
機会あらば、いつか俺も見てみたいです!

No title

寅次郎さん♪
針ノ木岳からの展望、私もこんな風に見えるとは思ってなかったです。
高瀬ダム、表・裏銀座、そして槍ヶ岳、ゆっくり眺めていたいと思いました。
羨ましくも贅沢な、山頂で昼寝している人もいたのですよ。
また歩くことのあるコースだなぁ~と思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でん

Author:でん
群馬の山のないところに住んでいます(^^)
山と温泉、おいしいものが好き♪
日帰り山行き専門、雪山歩きはやりません
近くの大小山は空身で歩くお散歩コース
北アが見えるチャンスをうかがっています(笑)

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター