記事一覧

足尾の山は遠かった(T_T)

11月24日(月)
予定していたルートは銅親水公園~社山~大平山の周回だった
 
そもそも22日に予定していたのが寝坊で翌日に延期
そして翌23日、またしても寝坊
どうも気分があまり乗ってないようだ(^^;)
両日共に足尾の天気も良かったようなので
こうなると意地になって、三度目の正直
24日は絶対行くゾ~と行ったまではよかったが天気がよくない
 
朝7時、「この周回コースで天気が悪いのは勘弁してほしい」と思いながら
とりあえず歩き始める
ガスで眺望はなく黙々と歩くのみ・・・
大平山への周回は止めにして社山から阿世潟峠へ下りてしまおう
などと考えながら歩いたが、社山手前のP1568まで行っても
天気の回復は見込めなそうということでカップ麺を食べて、回れ~右!
きた道を戻りました
 

 

 
以前より崩落が進んでいる感じ

 
往路でマイッタのはマダニの多さ
小さいのから大きいのまで酷くズボンに着いてました
この場所でニホンジカを見ても驚きませんが、イノシシも数頭見ました
このシカやイノシシたちがダニを運んでるのかもしれません
それとダニが着くのは朝の登りのほうが断然多かったのはなぜでしょう?
 
 
時間もあるので以前道迷いをした検証と思ったら
今ではその尾根にもピンクのテープが付いてました(地図のピンクのライン)
 

 
青のラインは気になっている方がいるみたいなので
下の画像がその尾根です
途中の岩場が無理そうな感じ・・・

 
 
下界は晴れていて皇海山まで見えてました

 

 
結局、意地になって行ってもいいことない といいますか
山はそんなに甘くはないですね。
まとまりのない記事でスミマセンm(_ _)m

コメント

No title

yamasanpoです。
24日、予報より天気悪かったですね。
茨城でもず~と曇り空でした。
このルートもそうですが天気が悪いと気分が乗りませんね。
自分は奥久慈の紅葉が終わったら足尾へと思ってます。

No title

おはようございます。
この時期でもマダニが付くんですね!
おいらは釣りでマダニに2回たかられて、用心して手術して掘り出しました。一回¥6000でしたー
マダニだけには近づきたくないですね

No title

青ライン気になっている者です。自分で覗き見したことはないのですが、RRさんから再三にわたって無理と言われておりますので、旗はすでに下ろしましたが、画像を拝見する限り、確かに、途中の岩場だけでもやばそうですね。
回れ~右!でしたか。そんなに足尾の山はガスっていましたか。昨日の天気ではそうかもですねぇ。でも、Uターンは正解でしょうね。
瀑泉さんではないですが、南尾根にイノシシですか。足尾でイノシシを見たことはないですね。ついでながら、マダニに食いつかれたこともありません。いずれも相性があるのでしょうか。

No title

瀑泉さん♪
カヤトの中に綺麗に並べて寝せてあるのがイノシシの巣で
あちこちにありました。
のん気なイノシシは気配を感じて巣から逃げ出す始末です。
考えてみれば大小山でカモシカもいるわけですから逆もありなんでしょう(笑)
ダニもススキかカヤのカヤトの地が多くササにはあまりいないようです。
ウィーピンググラスもいないように感じました。
先日、大坊山~寺久保山を歩いたときもズボンに付いてましたから
背の高い草地にはどこにでもいると考えたほうがいいかもしれません。
両方に共通するところはイノシシですね。

No title

ちゃいさん♪
私は調子が悪いわけではないですが寒さは大嫌いです。
寒さで運動機能も落ちるのは寒暖の差ですかね?
今の時期の生まれなのに情けないですよ(^^;)

No title

のんぴり夫婦の山遊びさん♪
前日までの2日間は良い天気でしたので寝坊した自分が悪いんですよ。
毎年のことですが冬場は朝の天気を見てから行ける近場ばかりなので
既にそんな気分になってしまってるんですね。
マダニはススキのカヤトなどを歩く場合は気にしたほうがいいと思います。
ヒルのように着いてもすぐに噛むわけではないので焦らなくても大丈夫(^^)

No title

サクラマスさん♪
ダニはどこの草っ原にもいますよ!
先日歩いた大坊山~寺久保山のときもズボンに付いてました。
それにススキかカヤのカヤトではイノシシの巣までありました。
足尾も同じような状況だったです。

No title

yamasanpoさん♪
連休は気温も高めで絶好の山日和だったのに寝坊で棒に振ってしまいました。
奥久慈の紅葉のあとですか、雪はなくても足尾の山は寒いですよ~

No title

ぴんころ120さん♪
マダニの摘出には\6000もかかるんですか(@_@)
私も一度噛まれましたが自分で搾り出しました。
そんなことからダニに関しては神経質になってます(^^;)
この時期になっても活動してるんですね~
でも動きは鈍い気がしました。

No title

たそがれオヤジさん♪
瀑泉さんへの返信コメントにも書きましたが
カヤトが綺麗に並べて寝せてある中からムックとイノシシが出てきましたよ。
それが巣だということは知っていたので驚きはしませんでしたが
逃げていく姿はまるで小熊のようでした。
マダニの多さには参りました。
今までこれほどのことはなかったので季節的なものなのか
わかりませんが払いながら歩くのが厄介で厄介で。
相性ねぇ~、私が好かれていて
たそがれさんは嫌われてるってことですか(笑)

No title

銅親水公園、ここ最近は行かなくなりました。
一昨日の日曜日は、銅山跡を次男と巡りましたが、やはり親水公園は行かなかったですね。
銅山観光に車を止めて、歩いて巡ったので親水公園にはたどり着きませんでした。
足尾の山は登っていません。
登りたいなぁ と思うのですが、目の前に日光の山があるので、どうしてもそちらに目が向いてしまいます・・・

No title

カクさん♪
一日違いだったのですね。
親水公園は行き止まりだからなのか何気に車の往来がありますし人も来ます。
私は通りすがりの車窓越しにしか銅山跡を見ていませんが
今はバイパスのほうを通りますが昔は街中を通ったものです。
そこから見ただけでも趣がありますね。
今では街中へ行くのは”末広”くらいです(笑)

No title

やる気云々はやはり寒くなって来たのと、
紅葉シーズンが終わると見所がなくなってくるのもあるのかなと思います
自分も紅葉シーズンが終わって雪山が始まるまでの間はあまりテンションが上がらない気がします
今年はここまで突っ走って来ましたので、ちょうどいい休養になると思いますけれども(笑)
冬型が強まってくればすっきりとした青空が拝めるでしょうか^^

No title

ブルーロイさん♪
確かにそうですね、目的が歩くことになってしまいますもんね。
ヘタレの私なんかすぐに怠けてしまいます(^^;)
冬場の低山歩きは歩くことを目的としているので
それなりにやっていけるのでしょうね。
でも西風(空っ風)が強いと中止、寒いと中止なんて具合に気まぐれなので
毎年のことですけど果たしてトレーニングになっているのかどうなのか(笑)
そう考えるとブルーロイさんは年間通してコンスタントに歩いてますよね。

No title

この天気では回れ右が正解ですね。

>ダニ
爺は車中泊するのでダニやヒルは大敵!
と思い、車中にダニ用スプレーを用意したにもかかわらず「ズク無し」なもんで一度も使ったことがありませ-ん。 (;´Д`)

No title

ひらさん♪
「ずくなし」の意味がわからなくてググっちゃいました(笑)
虫除けスプレーでダニも付かないですかね?
さすがにブヨには使いますけどダニでは使ったことがありません。
この山域の場合は登山道はないのでそれも仕方のないところなんです。
前にダニには噛まれているので懲りてるんです(^^;)

No title

こんばんは。
このエリアは歩いたこと無いですが、奥が
深そうですね。鹿、猿はよく見ます。
熊は2回見ましたが、イノシシは見たこと
ありません。マダニは厄介ですね。

No title

ジョリーさん♪
西上州をよく歩いているジョリーさんが
イノシシに出会ったたことがないのは意外な感じがしました。
イノシシの子供、ウリ坊はかわいいですよ(^^)

No title

こんばんは、yosiです。ここを歩くときは天気の良さは欲しいですよね。
この辺のシカには慣れましたが、イノシシとは。
一人歩きでは心配です。

No title

yosiさん♪
イノシシは大小山で慣れてます(笑)
今まで何度も出会っていますが向かってくるイノシシいないです。
イノシシの巣があちこちにありのんびりしているイノシシは
こっちが近づく気配を感じて巣から逃げ出す始末で笑っちゃいました。

シカも警戒心の強い動物ですが岩陰などで気付かず
お互いビックリするようなことが何度か経験しています。
彼らもパニックになって暴走するので注意が必要ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でん

Author:でん
群馬の山のないところに住んでいます(^^)
山と温泉、おいしいものが好き♪
日帰り山行き専門、雪山歩きはやりません
近くの大小山は空身で歩くお散歩コース
北アが見えるチャンスをうかがっています(笑)

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター