記事一覧

水道山公園~吾妻山~鳴神山

12月6日(土)冬の定番、吾妻山~鳴神山を往復してきました
 
単独での往復を予定していたところ
予てからご一緒しようと話しのあった 大小山での山友であるなかじ~さんから
前日になって、仕事が休めることになったと嬉しい連絡がありました
ブログ友のサクラマスさんにも声をかけていたので、急きょ決まった3名パーティー
なかなか上手く都合が合わず、かれこれ1年近くたってしまったのに
決まる時は短時間であっさりと決まるものです
 
なかじ~さんとサクラマスさんはお初の顔合わせ
お2人ともフィッシングを趣味にしているということで共通する話題も多く
歳も近いのですぐに打ち解けていただけたのも良かったです
そういう私もなかじ~さんと一緒に歩くのは初めてのこと
山歩きを始めて1年余というなかじ~さんですが
さすがに自転車乗りだけあって長いコースも楽勝な感じでした
 
鳴神山より北の山々には雪雲がかかり、山頂では小雪の舞う寒空の下でしたが
長い道のり、単独で歩くより断然楽しく歩けたことに感謝です(^^)
 
水道山公園(7:20)⇒吾妻山(7:57)⇒三峰山(10:17)⇒鳴神山(11:30/12:40)
⇒岡平(14:30)⇒吾妻山(15:39)⇒水道山公園(16:20)
 
朝7時、一番遅い到着が私でした(^^;)
早速準備をして歩き出します
紅葉もほぼ終わり、踏まれた過ぎた登山道には落ち葉がたくさん
岩場も磨き込まれてツルツル、まるで蛇紋岩のようになっているのも多い
吾妻山までは毎日登山の人も多く、早い人は既に下山してきます
私一人だけ大汗かいて吾妻山山頂、寒気の影響で見える山々も寒そう
 
桐生市街地方面と八王子丘陵

 
何度も歩いてる山なので余裕があるのも確かですが、のんびりモード
単独で黙々と歩くのとは違って和気あいあい会話も楽しみながら歩くと
疲れ具合もずいぶんと違うもの(^^)
 
途中でカミナリのような爆音が聞こえてきたけど
航空機なのかカミナリなのか? それとも浅間山でも噴火した?
後からわかったことは競艇開催日
地形の関係で麓にある競艇場のボートの音が鳴り響いていたようです
 
ガサガサと落ち葉を踏み、サクサクと霜柱を踏んで岡平、三峰山と
休憩しての肩の広場
ここの狛犬は毎年マフラーをしているので今年はどんなものだろう?
やはり今年もマフラーを巻いてました(笑)
 

 
山頂直下の急坂も大量の落ち葉で段差が見えないほど
山頂にある温度計の気温は2℃、風さえなければ暖かです

 
北関東山間部の雪との境目となるのが鳴神山
近い位置にある袈裟丸山はもとより足尾や日光方面は見えない
赤城山や榛名山でさえ雪雲をかぶって見るからに寒そう

 
三峰山~大形山~吾妻山と続く歩いてきた尾根

 
大小山はどこかな?
あったあった! 右奥に見えるのが大小山
寺久保山へ続く尾根も良く見える

 
いくつかベンチが作られていたので1時間以上ものんびりしてしまいました
小雪も舞って、さすがに寒い~
せっかくなので記念写真も撮りましょう(^^)

 
静かな山頂を後にします
下山といっても下るだけでは済まないのがこの尾根の大変なところ
故にトレーニングにはなりますね
伐採をした岡平には相当数の幼木が植えてありました

 
冬枯れの樹木の間からは真っ白になった浅間山が見え隠れしてました
天国への階段を登れば吾妻山

 
往路も復路もかかった時間はほぼ同じ
明るいうちに駐車場へ戻ることが出来ました
 
トレーニングを兼ねての冬の里山歩き、またの機会を楽しみにしています♪

コメント

No title

お疲れさまでした。良い機会を与えていただいてありがとうございます。おかげさまで、なかじ~さんとも知り合えて来シーズンの釣りの楽しみも増えました寒い中でしたがありがとうございました。また、どこかに行きましょう

No title

お疲れさまでした。念願だったでんさんとの山歩き。サクラマスさんもご同行ということで、よっしゃ~って感じでした。
お二人が後ろで「あの山、この山」言ってるのをワクワクしながら聞いてました。
そして、いつかは俺も!
自主トレしときますんでまた連れてってくださいませ。

No title

あらら,岡平も植樹されてしまいましたか。
あと数年もすると,あの展望も見られなくなってしまいますネ。
6日はσ(^^)も,そう遠くないところにおりましたが,午前中は良くても,午後は風が強くて,結構,寒かったでしょう。
鳴神山の足トレ,この冬はどうしようか考え中ですヨ。

No title

平地にプカプカ浮いているような山々の景色が良いですねぇ。
気持ちよい工程が感じられます。なんとも羨ましい。

No title

熊鷹さん♪
寒い日でした(>_<)
寒いのはキライですが歩くと汗は出るんですよね~
予報で風が強いとさすがに出かけませんが風さえなければ
陽だまりハイクです(^^)

No title

たそがれオヤジさん♪
鳴神山より足尾のほうが気温は低い気はしますが
空っ風はまともに受けてしまいますね。
それに午前中はそれほど風もなかったのです。

さすが細かいところまで見ていただけてますね(^^)
このときは私だけ手袋をしてましたね。
でも昼飯を食べるのに手を使いにくくてはずしましたよ。
寒さはみんな震えがくるほど感じてました(笑)
鳴神山までの縦走組みは私たち以外は単独さんが一人だけ
肩の広場からは4,5人しかいませんでしたので静かなもんです。

No title

サクラマスさん♪
お世話になりました、なかじ~さんとも話が合って良かったですね。
今週末は寺久保山まで縦走したいなぁ~と思ってます。
sunraiseさんも探検だとか言ってますね(笑)
ぜひまたご一緒しましょう(^^)

No title

なかじ~さん♪
お世話になりました。
そんなに謙遜しないでください。
これだけ歩ければどこの山でも歩けますよ(^^)
あまりトレーニングし過ぎると私が置いていかれます、ほどほどにね(^^;)
今週末は寺久保山まで縦走しますか?
毎週大小山付近をウロウロしてますのでドタキャン、ドタ参問題なしです。
気軽に連絡くださいな(^^)

No title

瀑泉さん♪
またまた近いところにいたのですね(@_@)
冬の間、出来ればこのくらいの歩きを続けていきたいのですが
風が強いだの寒いだの・・・
だんだん億劫になってしまうのが例年のことです(笑)
吾妻山~鳴神山と大小山~寺久保山、距離も同じくらいだし
今年の冬はなるべく多く歩きたいと思ってます。
この冬は瀑泉さんもお会いしたいです(^^)

No title

noriさん♪
懐かしくなりましたか?
ご存知のとおり山間部は雪でも平野部は晴れなんですよね。
冬でも歩けるこんな山が近くにあるのはホント恵まれている環境だと
自分でも思います。
平野部と山間部のはざ間の山々は「陸の松島」という風景です(笑)

No title

群馬は寒いけど雪が少なくていいですね。

長野は里山も雪景色がはじまり、爺の登れる山がなくなってきました-(ノД`)

No title

ひらさん♪
ひらさんも雪山はやらないみたいですね。
私もです。
雪は降らないですけど風はかなり強いですよ~(~_~;)
今も10m近い風が吹いてます、これが寒いんだぁ。

No title

あっ、マフラー巻いている、寒くなりましたですよね~
私もマフラーだそっと♪

No title

カブさん♪
ここの狛犬は寒がりみたいです。
庶民に親しまれている山なんですね~。

No title

でんさん、こんばんわ!
お仲間と長いコースの低山ハイク、風が冷たかった
ようですけれど、楽しまれましたね。
本来なら陽だまりのなか、眺望を楽しみながら歩け
るのでしょうが、自然は私達の都合の良いようには
いきませんね。

No title

もうこの辺りも雪が付くころで
しょうか?結構市街地が近い
ように見えます。
山話しながらの山歩きも
楽しそうです。

No title

のんびり夫婦の山遊びさん♪
この山は赤城山の正面にあって
しかもルートが尾根の西側に切ってある道が多いのですよ。
冬枯れの坊主の木なら陽射しも届きますが
葉を落とさない木も多くあるので
ポカポカの道が少ないです。
鳴神山まで足を延ばすのは雪のない時期だけなので
雪が降ってしまうと吾妻山止まりです(笑)

No title

ジョリーさん♪
市街地に近いのは吾妻山でして
鳴神山への縦走路に当たる尾根は南北に長いのです。
真冬でもそれほど雪は付かないですが空っ風が強烈なんです。

No title

実は、鳴神山ラブな私~♪
もちろん、駒形~山頂~赤柴か、大滝~山頂~コツナギ橋ですが。(^^;
いつかは桐生アルプスをずっと歩いてみたいな~。と思っています。
でんさんたちが歩いても、丸1日、山で過ごせるほどのコースなんですね。
やっぱ、もう1台の車&ドライバーキープで挑まなきゃ♪(笑)

No title

chikoやん♪
片道10km以上あるので往復するとまる1日かかっちゃいますね。
大滝へ下山して梅田まで歩いてバスで戻ることも出来ますけど
ドライバーキープって・・(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でん

Author:でん
群馬の山のないところに住んでいます(^^)
山と温泉、おいしいものが好き♪
日帰り山行き専門、雪山歩きはやりません
近くの大小山は空身で歩くお散歩コース
北アが見えるチャンスをうかがっています(笑)

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター