記事一覧

仙人ヶ岳

12月2日(土)仙人ヶ岳を歩いてきた

遅い出発がモッタイナイと思えてしまうほどの穏やかな良い天気、「歩ければいいや」的なことから
前日までに何の計画もしていない
早起きもせずに近場をウロウロするにはどこがいいかと考えた末、珍しく仙人ヶ岳を思いついた
カミサンにも「また大小山?」と言われそうだったし(^^;)
歩いたことのない松田ダム~赤雪山~仙人ヶ岳の周回とどちらにしようかと迷ったが
春には、岩切~仙人ヶ岳~猪子峠へ周回しているので、逆回りでの周回をすることにした
この時期になってしまうと思い浮かぶルートと言えば、お馴染みの大小山周辺、三床山周辺、
鳴神山周辺くらしかないのだけれど・・・(笑)


猪子トンネル東(松田町)駐車スペース  10:45
猪子山~惟の岳~犬帰り~宗の岳~
知の岳                                         12:53/-----
仙人ヶ岳                                       13:52/-----
熊の分岐~生不動尊~岩切登山口
猪子トンネル東 駐車スペース              15:53


時間が遅い為、岩切集落の駐車スペースには車を止められないかもしれないと思い
初めからトンネル東入り口わきから分岐する粟谷・松田林道起点の路肩スペースに駐車した
駐車スペースと言っても路肩が膨らんでいるだけのものだが、既に1台の車があり
道路から路側に向かって駐車してある
それほど広いスペースではないわけで、台数を多く駐車するには合理的だとは思うけど
本当にこんなふうに駐車してしまって良いのやら、不安を感じながらも自分も同じように駐車した
見上げる大きな鉄塔は、50万ボルト送電線(笑)

林道を少し行った先には、深高山・石尊山への登山口があり仙人ヶ岳への分岐へ続いている
準備をしているうちにトンネルわきの薄い踏み跡を見つけ、カミサンと相談してそこから取り付いた
急坂で地面はグズグズ、とりあえず一旦トンネルの上へ上がってみるとシカのフンがたくさん落ちている
右往左往しながらもどうにか仙人ヶ岳への稜線にたどり着くことが出来てホッとする

すぐに猪子山、しばらく行くと2名のハイカーとスライドした
向かう仙人ヶ岳方面


いつもとは逆に大小山方面も撮影したが逆光で白とびし過ぎていたのでボツ
右の白葉峠の先には桐生市、左には八王子丘陵
遠く雲のかかった富士山、赤岳~蓼科山の八ヶ岳連峰も見えていた


残念ながらツツジの紅葉もほぼ終了、足元にある多くの小さな株だけは赤が目立ったのが不思議


変化もあり、いつもの大小山を歩くよりも新鮮な感じがイイ


惟の岳に2名のハイカーが休んでいて、ご丁寧に「先の犬帰りには巻き道もありますよ!」と(^^;)


眼下に見える松田湖


続く宗の岳を越え、知の岳でお昼休憩
なじみの三床山~金原山、大小山~鳩の峰~寺久保山など 山の連なりをたどるのが楽しい♪


陽も傾いた静かな仙人ヶ岳山頂でふたたび休憩
時間があればピストンしようと考えていたが、日が暮れる前に下りようとカミサンから指令がでた
熊の分岐で道を分け岩切へ下山することにした


角の削れた三角点


岩切への下山ルートには、想定外のモミジの紅葉が残っていて得した気分になった(^^)


日当り時間の少ない谷間の紅葉は遅いのかな?
今年はまともな紅葉を見ていないカミサンも見られて良かった
日当たりがあればもっとキレイに見えそうだ


来年には紅葉時期を見計らって訪れてみたいものである


岩切登山口から舗装道を歩き、少し楽して猪子峠へは行かずトンネル内を歩いて駐車地に戻った
期待していなかった紅葉も見られ、静かな仙人ヶ岳を楽しむことが出来た(^^)
帰りの車の運転中、オレンジ色のキレイな夕日だったが
残念ながら大小山からのサンセットには間に合わないのでそのまま家路に就いた

コメント

No title

仙人ヶ岳の紅葉は大した事は無かろうと,いつも紅葉の終わった頃に歩いてますが,熊の分岐~岩切は思ったより,色付きがありましたネ。ただ,どうしても谷が深いからなぁ~。日差しは期待できないでしょう。

No title

でんさん、こんばんわ。
一日違いで仙人ヶ岳に行ってきました。(ヤマレコアップ済)
生不動のモミジ綺麗でしたね。写真撮りまくってしまいました。
私が通過したのは14時ごろ。すでに日陰になっていました。
日は陰ってしまいましたが、コントラストに差が出ないぶん綺麗に撮れた箇所もありました。

No title

土曜はやっぱり栃木の方が天気が良かったんですね。奥多摩で曇り空を見上げてないで足利に行けば良かったです。
谷間は結構紅葉残ってるのを見ますね。日照時間なのか気温の違いなのか。日が当らないから寒そうに思えるのですが。

No title

でんさん、こんばんは!
良い天気のもと、お二人で松田ダムや周辺の山々の
眺望を楽しみながら稜線を仙人ヶ岳まで歩かれ、岩切
への下山では紅葉にも出逢え、良かったですね。
この稜線、アカヤシオの時期も良いですよね。
仙人ヶ岳山頂では日光連山などの眺望は、楽しまれな
かったのでしょうか。

No title

> 瀑泉さん
稜線のツツジの紅葉は、終わってましたが沢沿いの紅葉はなかなかキレイなもので
翌日歩いた伊勢崎在住のyasubeさんのお墨付きですから間違いないです。
午後でも陽の高い時間なら日差しも入るそうなので
そんなことも計算して周回するといいのかもしれません。

No title

> yasubeさん
1日違いで残念でしたね~、カミサンもいたので、またお会いしたかったです。
レコの記録を読ませていただきました。
谷の紅葉にもけっこう日差しも入っていてキレイです。
朝もダメなのは知っているので、それに上手く合わせないとダメなのですね。
石尊山を含めてバスを使うという手もあるのですが、運行本数が少ないですね。
この手の使い方はいろいろアレンジできるのはわかっているのですが面倒で(^^;)
冬支度の低山も木々の葉が落ちて、眺望尾が良くなり楽しめますね。

No title

> ふみふみぃさん
紅葉の進み具合は、気温です。
日照時間が少ないと気温も上がらないわけですから、そういう場所は遅くなるのだと思います。
同じ木でも色むらがあるのも同じことです。
大小山などは、稜線で陽の当たる時間が長いためにカエデ類がないのだと思います。
半日蔭、花もそうですが植物には優しいのかもしれません。

No title

> のんびり夫婦の山遊びさん
紅葉の仙人ヶ岳は初めてでしたが、
こんな近い場所にもキレイな紅葉があることを再確認しました。
日光方面の展望もあるのですが、白根山や男体山の上部だけしか見えません。
一番よく見えるのは大小山です(笑)

No title

でんさんにとってはレアな山レポです。今年は春も歩いたし秋も歩いたので仙人ケ岳の良さも少しは気づかれましたか。変化が多く飽きない尾根。展望はイマイチですが良いコースですよね。

No title

> サクラマスさん
こんばんは。
そうですね、いいコースだと思います。
仙人ヶ岳を避けていたわけでもなく、
歩く目的だけなら近くの大小山でいいということでしたから。
それに意外と近いことがわかりました。
それと大小山よりも寒いということがわかりました(笑)

No title

でんさん、こんにちは。
我々夫婦も1週間前に歩いてきました。出発時間はでんさん達より少々早く、逆コースで。沢沿いのもみじも何本かは日が当ってきれいでしたし、下りに見た稜線上からの紅葉も中々見事で、得した気分でした。

No title

> Shariboteさん
こんにちは(^^)/
出発時間が遅すぎですよね~
近くの山のときはいつもこんな感じで遅くなってしまうんですけど
「山をなめてる」と言われてしまいそうです(^^;)
今までは、仙人ヶ岳まで行くまでもないと大小山周辺ばかりでしたが
近いので今後は足を運びたいと思っています。
奥様とは先日もお会いしましたが、Shariboteさんともお会いしたいです。
雪山はやらなくて、これからの季節は近場をウロウロしてますので
お会い出来たらいいなと思っています。
大小山からの夕景でもいかがでしょう(^^)

No title

懐かしい~♪
この時期は落葉がすすんでいて展望が素晴らしいですね。

No title

> ひらさんさん
お久しぶりです(^^)/
少しは落ち付いたのでしょうか。
そうですね~
周辺の低山は皆そんな感じで風通しも良くなっています(笑)

No title

春先に歩いたのが、随分前の様に感じます。
この時期遠くまで見渡せるのですネ!

No title

> おっくんさん
こんばんは。
仙人ヶ岳はあまり行かないのですけど たまに行くと楽しいものです。
良く歩くのは、気休めのトレーニングで大小山ばかり。
武甲山も良く見えるので、機会があったらそちらから大小山を探してみてください(笑)
またご一緒機会が楽しみです(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でん

Author:でん
群馬の山のないところに住んでいます(^^)
山と温泉、おいしいものが好き♪
日帰り山行き専門、雪山歩きはやりません
近くの大小山は空身で歩くお散歩コース
北アが見えるチャンスをうかがっています(笑)

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター